×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

プラセンタ通販ガイドTOP > 豆知識 > フリーズドライ製法とは

 

フリーズドライ製法とはについて

フリーズドライ製法とは、目的に応じてあらかじめ加熱などの下処理を行い、水分を含んだものを-30度で急速冷凍させ、直ぐに減圧して真空にし水分をなくし乾燥させる製法です。

歴史は長く、古代マヤ文明からこの製法は使われています。昔は急速冷凍や減圧などなかったため、寒暖差や足踏みなど利用して乾燥させていました。日本では、高野豆腐などが有名です。

現在では、インスタントラーメンやインスタントコーヒー、登山食、非常食などあり宇宙食にも利用されています。また、事前に加熱処理を行わなくても平気なものもあるため、熱処理に弱い医療品にも使用されています。

フリーズドライ製法のメリットは
・ビタミンなどの栄養成分や風味の変化が少ない
・乾燥しているため常温で長期保存が出来る
・重量が軽いので輸送に向いている
などです。

デメリットは
・製造設備の費用が高い
・衝撃や振動に弱いため包装が難しく、輸送にも注意が必要である
などです。