×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

プラセンタ通販ガイドTOP > 豆知識 > スプレードライ製法とは

 

スプレードライ製法とはについて

スプレードライ製法(Spray Dry)とは、液体を細かい霧吹き状にして熱風で乾燥させて粉状のものを得る方法です。フリーズドライは、凍結処理するのに比べこちらは熱処理です。また、フリーズドライは生産するのに広い場所が必要でありコスト高ですが、スプレードライは少しの場所で大量に生産することができるため、コスト安です。

スプレードライ製法は熱処理されるため、品質が劣化すると思われがちですが、現在はスプレードライ製法の技術が高くなり、熱処理の温度は50度以下であり処理時間は数秒のため、品質の劣化はあまりありません。